水道修理のための基礎知識

水道修理のための基礎知識 水道は公共のものというイメージが強いですが、大きな配管の分岐点から自分の家の中の蛇口まで個人の持ち物であり自分達で維持管理する所有物です。一度設置されれば当たり前の様に私達に供給されていて、頻繁にメンテナンスを必要としませんが、自分の使っている水道についての日常の維持管理や、いざという時の修理対処法など知っておくと便利な情報を紹介します。自分で出来る部分や業者さんに頼んだ方が安全な工事など、修理の内容を判断出来るだけでも、費用面や業者選びの時の安心へつながります。

■自分で出来る水漏れ修理

水道の修理は、ほとんどの場合が勢いよく水が噴き出してしまったりと緊急事態が起きてしまってから慌てて修理するというのが多いのではないでしょうか。勢いよく水が吹き出してしまった場合などは、慌てず止水栓で水を止め、業者さんへ工事を依頼した方が良いですが、ポタポタとしたたり落ちるような水漏れや、蛇口から水を出す度に水が漏れるというような緊急を要さない場合は、自分で修理する事が出来る場合がほとんどです。長年使っている蛇口からの水漏れなら、パッキン部分やバルブカートリッジの部分の劣化によるものが原因の場合が多いので、蛇口の形状や種類を知りホームセンターなどで交換用の部品を購入して交換してみましょう。費用面からみても低コストで済みます。
水道料金が急に上がったりした場合は、水道メーターのパイロットと呼ばれる羽根形の物が浮いていないかを確認しましょう。浮いていれば、どこかで水漏れが起きていますので水回りをチェックして下さい。

■適切な工事業者に頼もう
自分では対処出来ない修理は、どの業者さんに頼むと良いでしょうか。調べてみると色々なサービスがPRがされている広告が多いですが、実は各地域で指定給水装置工事事業者という自治体から許可を受けた資格を持つ水道局指定業者が工事をする決まりになっています。
料金がとても安いとか、サービス商品が付くなど、お得そうな広告に惹かれますが、後々高額な工事費用を請求されるなどのトラブルが沢山ありますのでじゅうぶんな注意が必要です。自治体の水道局へ電話をしたりホームページなどで業者の一覧を見ることができるので、安全な業者を確認した上で工事を依頼をするのがいいでしょう。広告やチラシなどに惑わされることなく安心で適切な業者を選んで下さい。

■排水管からの水漏れを防ぐ方法

梅雨時になると嫌な臭いが出てきて困るのが排水管です。外の排水溝も定期的な掃除が必要ですが、普段から簡単にできるキッチン台の下にある排水管などは、日常のこまめな掃除でキッチン下の水漏れや嫌な臭いを防ぐ事が出来ます。
排水管は臭いや虫などの浸入を防ぐために曲がりがついているので汚れも溜まりやすくなっています。長い間、ゴミやヘドロを貯めておくと流れなくなった排水が行き場所を無くし、S字の曲がりの部分から水が溢れ出てきてしまいます。キッチン下が汚水で水浸しになってしまう前に月に一度でも蓋を外してトラップという部分を分解し、排水管が見えたら重曹など危険の少ないもので掃除するようにしましょう。嫌な臭いや詰まりの予防になります。

■まとめ
水道修理というと難しいと敬遠してしまいますが、意外と自分で対処出来る物も多くあります。お風呂で使うシャワーのヘッドやキッチンのハンドルなどは新しい物に交換するだけでも気持ち良く使えますし、新しい物に変われば耐久性も良くなりトラブル回避にも繋がります。排水管からの水漏れも普段のこまめな掃除で大きなトラブルになるのを防ぐ事が出来ますので、臭いが気になり出したら洗浄しましょう。大きなトラブルは、自治体の水道局指定業者を選び、何社かの見積りを貰い妥当な金額かを検討してから依頼すると良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース