工事を伴う水道修理で注意するべきこと

水道 修理をするための工事とは、どのようなものなのかを大まかにでも知っておきましょう。どのような症状で、どこへ連絡するのか、どのような工事が必要になるのかを判断出来るだけでもトラブルを回避することが出来ます。知らずにいると給水停止など大変な事態をまねく恐れがあるので、水道法からみた自分でする簡単な修繕工事から、専門の業者に依頼する時などに役立つ情報を紹介します。

■水路の変更を伴う工事は注意が必要

水道と一口に言っても、屋外の地中に埋められた太い水道管から、私達がハンドルやレバーをひねれば出てくる水の出口まであります。ふだん、私達が使用している水は、水道法によって守られた水質基準をクリアした安全な水です。
さらに、各家やアパートのなどの水が流れる管は、地中に埋まっていて見えない部分も設計図にして自治体へ申請されています。トラブルの際に道路を掘るときなどにも位置が解るようになっていますので勝手に水路を変える事は出来ません。

■目に見えない部分に工事が必要な時は必ず指定業者へ

蛇口部分やキッチン下の配管、シャワー部分など、目で確認出来る部分の水漏れや交換程度なら自分でやっても問題になることはありませんが、水は、私達が直接口にし身体に入れる物ですので細心の注意を払うことが必要となります。
いつまでも水が濁っていたり、水が出なくなったり、料金が跳ね上がったりなどの目に見えないトラブルは、水道局の指定業者の免許を持った工事業者に修理を依頼しましょう。水道局指定業者は、水道法を熟知した資格を持っていますので、指定業者であるか否かを確認してから依頼すると良いです。

■まとめ
このように意外に知られていない水道法からみた水道工事は、蛇口のパッキン交換やシャワーのヘッド交換程度の軽微な修繕以外は信頼できる指定工事業者へ依頼する事が重要となります。最近では悪徳業者もいるので私達が自ら充分に注意しなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ